京つう

  ニュース/メディア  |  下京区

新規登録ログインヘルプ










あわせて読みたいブログパーツ





インフォメーション
【京つうからのお知らせ】
アクセスカウンタ
プロフィール
イマピー
イマピー
オーナーへメッセージ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
< 2017年07月 >
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです

スポンサーリンク

上記の広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  
Posted by 京つう運営事務局 at

2010年10月13日

京都時代祭・・・復元新調した衣裳公開!

京都三大祭りのひとつ「時代祭」が22日に開催されるのを前に、主催の平安講社が12日、京都市左京区の平安神宮で、復元新調した衣装などを公開した=写真。新調されたのは約300点。このうち、平安時代婦人列の百済王明信(みょうしん)役の衣装「上裳(うわも)」は、前掛けのような衣装の一部が雨で傷んだため作り直された。このほか、巴御前の従者が身に着ける紺色の鎧直垂(よろいひたたれ)なども新調。祭りでは、生まれ変わった衣装などに身を包んだ市民ら約2千人が都大路を練り歩く。
http://www.sankei-kansai.com/2010/10/13/20101013-044674.php


京都を代表する「時代祭」。
何年か前に我が家のおじいちゃんも衣装を着て、都大路を練り歩きました(^^

(※写真=産経関西よりお借りしました)  

Posted by イマピー at 10:56Comments(0)京都

2010年08月18日

六地蔵めぐり

京の街のあちこちで、地蔵盆が催される頃。
旧街道沿いにある六ケ寺では「六地蔵めぐり」が行われます。
参拝者はそれぞれの寺を訪れ、安置されている六体の地蔵尊を詣でます。

そして、「お幡」(おはた)と呼ばれるお札を一体ずつ求め、
六体揃ったお幡を家の玄関に吊るし、厄病退散、福徳将来などを願うのです。

一説には室町時代に始まったとされるこの行事。

京の伝統とまみえる、良い機会となるかもしれませんね。


●六地蔵めぐり●8月22日(日)~23日(月)
伏見六地蔵(大善寺)、鳥羽地蔵(浄禅寺)、桂地蔵(地蔵寺)
常盤地蔵(源光寺)、鞍馬口地蔵(上善寺)、山科地蔵(徳林庵)
  

Posted by イマピー at 21:55Comments(0)京都